高血圧

高血圧って何?血圧が上がってしまう原因って?

高血圧 画像

高血圧症は日本人の約3,500人が患っており、
40代以上の4人に1人の方が血圧が高いとも
言われているのです。

 

高血圧とはどんな状態で、どうして起きるのでしょうか?

 

 

高血圧とは何?

 

名前の通り、血管の中での血液の圧力が高い状態のことを
高血圧と言います。

 

高血圧は、日本人の三大死亡原因の心不全などの心疾患
脳梗塞などの脳血管疾患と深い関係とも言われているほど
とても危険な症状であり、いろいろな合併症を起こしやすいのです。

 

そして、高血圧は自覚症状があまりないので、
そのままにされやすいとも言われています。

 

このことから、気付いた時には大きな病気になっており、
手遅れになってしまうということも多く、
「サイレントキラー」とも呼ばれています。

 

 

高血圧の原因・危険因子

 

高血圧の直接の原因は、あまり解明されていません。

 

本能性高血圧症と呼ばれているものが9割以上で原因不明ですが、
深く関係しているものとして、生活習慣と遺伝による体質が
挙げられています。

 

では、血圧を上げる原因となる危険因子の事をご説明いたします。

 

 

塩分の過剰摂取

 

高血圧は、食生活に注意しなくてはいけません。

 

塩分を過剰に摂取すると高血圧になることが知られており、
高血圧を防ぎ、改善するには味の濃い食生活は
避けるようにと言われています。

 

どうして塩分が高血圧にしてしまうのかは、
はっきりとわかっていることではなく、
現在も研究が継続されているのです。

 

でも、塩分、ミネラルのひとつのナトリウムは、
血管内で多くなりすぎると、血管を収縮させる作用があり、
好感神経を緊張させてしまうと言われています。
そして血圧が上がってしまうのです。

 

それから、塩分を過剰摂取すると、体は水分をたくさん欲します。
体内でナトリウムの割合が増すと、濃度を薄くするために
さらに体がたくさんの水分を要求するのです。

 

そして水分をたくさん摂取すると、体液が増加しすぎて
血管を拡張し、血圧を上げてしまうのです。

 

 

運動不足、肥満の方

 

運動をすると血行が良くなりますので、ドロドロ血になるのを
防ぐことが出来ます。

 

その反対に、あまり動く事がなく、血液の中に酸素が行かないと
ドロドロ血になってしまうと言われています。

 

そして、肥満の方は血液を更にたくさん全身に送らなくてはならず、
血管に多くの負担がかかるので、高血圧になってしまうようです。

 

 

喫煙する方

 

喫煙は、高血圧の危険がとても高まる要因です。

 

喫煙すると、含まれているニコチンが脳内血管を縮ませて、
血中にいっぺんに酸素を送り血流を増加してしまうため、
血圧を上げてしまうのです。

 

 

ストレスを受けている方

 

ストレスも高血圧を悪化させると言われています。

 

ストレスを感じると、ナトリウムの排出が低下したり、
ホルモン分泌も悪くなるので、血管が縮めやすくなってしまい
心拍数も上がり、血流が停滞してしまうのです。

 

 

親からの遺伝

 

親からの遺伝などにより体質的に影響を受けている方は、
若い頃から血圧が高くなることが多いです。

 

両親二人とも血圧が高い時はおよそ5割、片方の親が血圧が高いと
およそ2割〜3割が高血圧になるとのことです。

 

といって、高血圧という症状そのものが遺伝しているのではなく、
高血圧になりやすいという体質が遺伝しているということなので
運動をしたり食生活を気を付けたりと、危険因子を取り除けば、
対策を行うことは出来ます

 

 

その他

 

上のような原因とは関係なく、老人の方は高血圧になりやすいです。

 

60歳以上でおよそ6割、70歳以上でおよそ7割以上の方が
高血圧の傾向と言われています。

 

血圧の上と下の値に大きく差がひらく事が多く、臓器への血流が
減少しやすく、合併症を引き起こしやすい方が多くいます。

 

そして、妊婦さんも体の急な変化や胎児をガードするために
血圧が高くなりやすく、重くなると妊娠中毒症になってしまったり、
母体と胎児を重篤な状態にさせることもあります。

 

普段から血圧について心配なことがなくても、
食生活を見直したり、適度な運動をして気を付けないといけません。

 

 

関連ページ

高血圧になるとどうなるのか?合併症の危険
こちらでは高血圧に関するコラム記事を掲載しています。高血圧でお悩みの方はぜひご覧ください。
高血圧を防ぐために摂取したい成分!
こちらでは高血圧に関するコラム記事を掲載しています。高血圧でお悩みの方はぜひご覧ください。
高血圧予防と改善するために出来ることについて
こちらでは高血圧に関するコラム記事を掲載しています。高血圧でお悩みの方はぜひご覧ください。