高血圧

高血圧になるとどうなるのか?合併症の危険

高血圧 画像

高血圧は、上の血圧(収縮期血圧)が140mmHG以上、
下の血圧(拡張期血圧)が90mmHG以上ある状態の
ことです。

 

日本高血圧学会が作ったガイドラインを元に決められた
もので血圧の理想としては収縮期血圧が120mmHG、
拡張期血圧が80mmHG未満と言われています。

 

 

高血圧の種類

 

高血圧には2種類あり、
「二次性高血圧」と「本能性高血圧」に分類されます。

 

はじめに、二次性高血圧は、脳血管障害や脳腫瘍、慢性腎炎などの
病気が原因で起こるもので、別名、続発性高血圧とも呼ばれています。

 

その他、動脈に関係する先天性疾患や妊娠中毒症から起こる高血圧も
二次性高血圧です。

 

 

本能性高血圧は、原因が明らかになっていない高血圧で、
全体の9割以上の方が本能性高血圧だとのことです。

 

原因がはっきり解明されていませんが、運動や食生活、
ストレスといったいろいろな要素が関係して、
高血圧が引き起こされていると言われています。

 

 

高血圧の自覚症状とは

 

基本的に、高血圧には自覚症状はないと言われています。

 

なので、高血圧は身落とすことが多く、健康診断などで血圧が高い
と言われてもそのままにするという危ないところがあります。

 

はっきりとした自覚症状がなくても、血流が悪くなることで起こる
体調不良などは、高血圧のしるしとなります。

 

頭痛やめまい、耳鳴りや肩こりなどが主な症状としてあります。

 

でも、このような症状が必ず高血圧の症状ということでもないので
普段から血圧を計ったり、健康診断をきちんと受けたり、
自分で管理することが大事です。

 

 

合併症の危険

 

高血圧で一番怖いのは、合併症を起こす危険が高いことです。

 

自覚症状がないため、そのままにされた高血圧によって
心臓がその圧に耐えようと肥大化したり、硬化してしまいます。

 

そして、動脈硬化が起きてしまい、大動脈瘤破裂や心筋梗塞といった
命に関わる大きな疾患を引き起こします。

 

ずっと自覚症状がないのに、突然重い症状で出現するので
高血圧はサイレントキラー、静かなる暗殺者とも言われています。

 

 

起こりやすい合併症

 

脳に起こる合併症について

 

高血圧により、動脈は硬くなり、脆くなってしまいます。
動脈硬化が進行すると、脳卒中が起こる可能性が高くなります。

 

脳卒中には次の4つ、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血、
一過性脳虚血発作がありますが、いずれも生命の危険に関係する
大きな疾患です。

 

 

心臓に起こる合併症について

 

高血圧の状態が継続すると、心臓の筋肉が厚くなってしまい、
心臓が大きくなります。これが心肥大で、これが続く事で
血液を送るポンプ機能が低下して心不全になってしまうのです。

 

そして、冠状動脈の硬化が進行することで血流が途絶えてしまい、
詰まります。そして、狭心症や心筋梗塞になってしまうのです。

 

 

腎臓に起こる合併症について

 

肝臓の動脈硬化によって肝機能が低下したり、腎臓の細動脈が硬化し
腎不全が起きてしまいます。腎臓が硬く小さくもなってしまうので
心不全の原因にもなってしまうのです。

 

 

目に起こる合併症について

 

網膜の動脈硬化が進むと、網膜の中に出血や白斑が起こります。
症状が進んでしまうと、眼底出血や視力障害が起きることがあり、
最悪失明することもあります。

 

 

関連ページ

高血圧って何?血圧が上がってしまう原因って?
こちらでは高血圧に関するコラム記事を掲載しています。高血圧でお悩みの方はぜひご覧ください。
高血圧を防ぐために摂取したい成分!
こちらでは高血圧に関するコラム記事を掲載しています。高血圧でお悩みの方はぜひご覧ください。
高血圧予防と改善するために出来ることについて
こちらでは高血圧に関するコラム記事を掲載しています。高血圧でお悩みの方はぜひご覧ください。